全3388文字
PR

ドイツを中心とする欧州のメガサプライヤーや日本電産などが先行する電動アクスル(eアクスル)市場にジヤトコが挑む。競合がひしめく中で、ジヤトコは後発からどう巻き返すのか。幹部への取材と試乗から戦略が見えてきた。

 一見すると何の変哲もない日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」(図1)。秘密はフロントフード下に隠されていた。実はこの車両、ジヤトコのEV向け電動アクスル(eアクスル)を組み込んだ試作車である(図2)。水面下で開発を進め、一部の自動車メーカーが評価中だ。日経Automotiveは今回、メディアとして初めて、この試乗車を運転する機会を得た。

図1 ジヤトコが開発した試作車
図1 ジヤトコが開発した試作車
日産自動車の初代「リーフ」をベースに、電動アクスルの試作機をフロントフード下に忍ばせた。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 ジヤトコが開発した電動アクスル
図2 ジヤトコが開発した電動アクスル
モーターとインバーター、減速機などを一体化した。減速機には遊星歯車機構を採用した。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 電動アクスルは、モーターやインバーター、ギアボックス〔減速機と差動歯車装置(デフ)〕から成る電動駆動システムである。CVT(無段変速機)市場で世界シェア首位を握る変速機メーカーのジヤトコは、2025年までに電動アクスル市場へ参入することを目指す。