全3704文字
PR

 電動油圧ブレーキは、エンジンの負圧を利用した負圧ブレーキブースターの代わりに、ブレーキの油圧をモーターで作り出す電動ブレーキブースターを使うもの。「アキュムレーター式」と「オンデマンド式」に大別される。

 前者はアドヴィックスの専売特許ともいえる方式で、1997年に量産が始まったトヨタの初代「プリウス」からその歴史が始まっている。ブレーキの油圧を内部にあるモーターで作り出してアキュムレーターにためておき、ブレーキペダルを踏んだ時にタイヤ側に油圧を伝え、ブレーキを作動させる。瞬時に大流量の油圧を供給できる特徴がある。

 一方のオンデマンド式は、内蔵するモーターでブレーキのマスターシリンダーを押し、油圧を制御する。アキュムレーターがない分、部品点数を減らせる。オンデマンド式ではドイツのBosch(ボッシュ)やContinental(コンチネンタル)、ZFが先行する。

 オンデマンド式では後発となるアドヴィックスは、性能面でドイツ勢との差異化を図る。具体的には、前後輪のブレーキを独立制御できるようにした。前輪と後輪の油圧を最適に配分することで、燃費改善に貢献したり制動時の車両姿勢を安定化したりできるという。

 ドイツ勢と戦うには小型化も欠かせない。アドヴィックスは目標値として「9インチブースターのシルエットに収めることに設定した」(同社の開発担当者)。直径9インチのブレーキブースターは小型乗用車に使われる。

 直径9インチに収めるうえで課題となるのが、モーターの小型化である。モーターが小さいと、制動に必要な圧力が足りなくなる場面が出る。モーターを小型化しつつ制動能力を確保するため、アドヴィックスは電動ブレーキブースターに組み合わせるESC(横滑り防止装置)を活用する。ESCでの加圧によって圧力を補填する制御を盛り込んだ。