全2026文字
PR

 日本市場 
「N-BOX」が24カ月連続首位、「タント」追い付かず
登録車トップは「シエンタ」、5カ月連続で前年比上回る

トヨタ自動車「シエンタ」
トヨタ自動車「シエンタ」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2019年8月の登録車と軽自動車を合わせた新車販売台数ランキング。トップ5を軽自動車が占めた。首位は24カ月連続でホンダ「N-BOX」。7月9日にダイハツが発売した新型「タント」が販売台数を伸ばし、N-BOXは前月より5700台ほど減ったにもかかわらず、タントは1444台及ばず2位になった。

 登録車では、トヨタ自動車の小型ミニバン「シエンタ」が「プリウス」を抑えて初めて首位(総合6位)になった。前年同月比57.9%増となり、5カ月連続で前年同月を上回っている。

 販売台数が1万台を超えたのは4車種のみ。すべて軽自動車だった。

 8月の登録乗用車の販売台数は20万1903台で前年同月比0.8%増となり、2カ月連続でプラスになった。軽4輪乗用車は11万5276台、同13%増となり、3カ月ぶりにプラスに転じた。

2019年8月の日本車名別販売ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)
順位 メーカー 車名 台数
1 ホンダ N-BOX 1万8282台
2 ダイハツ タント 1万6838台
3 日産 デイズ 1万3432台
4 スズキ スペーシア 1万674台
5 ダイハツ ムーヴ 8802台
6 トヨタ シエンタ 8745台
7 トヨタ プリウス 8176台
8 日産 セレナ 7714台
9 日産 ノート 7709台
10 トヨタ アクア 7484台
11 トヨタ ルーミー 7474台
12 ホンダ フリード 7000台
13 ホンダ N-WGN 6958台
14 トヨタ ヴォクシー 6887台
15 スズキ ワゴンR 6449台
16 ダイハツ ミラ 6434台
17 トヨタ RAV4 6277台
18 トヨタ タンク 5967台
19 トヨタ ヴィッツ 5838台
20 トヨタ カローラ 5594台