PR
全1984文字

 日本市場 
「タント」が首位、ついに「N-BOX」が陥落
DNGA適用車の「ライズ」は8位に食い込む

ダイハツ「タント」
ダイハツ「タント」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2019年11月の登録車と軽自動車を合わせた新車販売台数ランキング。

 ダイハツが2019年7月9日に発売した新型「タント」が首位になった。前月まで26カ月連続トップだったホンダ「N-BOX」は2位に後退した。1~4位は軽自動車が占め、トップ10内の登録車はすべてトヨタ車だった。

 タントは新たな車両開発・製造手法「DNGA」を適用した第1弾モデル。価格を据え置きつつ、基本性能を高めて予防安全性能を強化した。これにより前年同月比90%の大幅増となった。トヨタがダイハツからOEM供給を受けたDNGA適用車の小型SUV「ライズ」は8位、その兄弟車のダイハツ「ロッキー」は25位になった。なお11月の登録乗用車の販売台数は20万5814台で前年同月比14.5%減、軽4輪乗用車は10万9922台の同5.6%減となった。

2019年11月の日本車名別販売ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)
順位 メーカー 車名 台数
1 ダイハツ タント 2万1096台
2 ホンダ N-BOX 1万8806台
3 スズキ スペーシア 1万2820台
4 日産 デイズ 1万2137台
5 トヨタ カローラ 1万705台
6 トヨタ シエンタ 1万331台
7 トヨタ プリウス 8375台
8 トヨタ ライズ 7484台
9 トヨタ ルーミー 7132台
10 ダイハツ ムーヴ 6775台
11 日産 ノート 6712台
12 ホンダ フリード 6444台
13 トヨタ タンク 6114台
14 トヨタ アクア 6021台
15 スズキ ワゴンR 5868台
16 トヨタ アルファード 5748台
17 スズキ アルト 5712台
18 トヨタ ヴォクシー 5570台
19 ダイハツ ミラ 5459台
20 トヨタ ヴィッツ 5150台

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い