全1982文字
PR

 日本市場 
新型コロナの緊急事態宣言で4月の新車販売は急落
コロナ禍の逆風下でも「N-BOX」が首位

トヨタ自動車「ヤリス ハブリッド」
トヨタ自動車「ヤリス ハブリッド」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2020年4月の登録車と軽自動車を合わせた新車販売台数ランキング。

 4月の登録乗用車の販売台数は14万4674台で前年同月比27.5%減、軽4輪乗用車は7万4557台で同35.4%減となった。

 新車販売に対する新型コロナの影響は、3月は限定的だった。しかし、4月7日に7都道府県に緊急事態宣言が出され、16日に全国へと拡大したことから、4月の新車販売は急落した。

 ホンダ「N-BOX」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で前年同月比27.6%減となったが、5カ月連続で首位を維持した。2月に発売したトヨタ自動車「ヤリス」とホンダ「フィット」の新型車が2位と3位に上がった。コロナ禍でもフィットは同32.5%増、ヤリスは前身「ヴィッツ」の前年同月と比べて36.1%増となった。

2020年4月の日本車名別販売ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)
順位 メーカー 車名 台数
1 ホンダ N-BOX 1万4034台
2 トヨタ ヤリス 1万119台
3 ホンダ フィット 8977台
4 ダイハツ タント 8295台
5 トヨタ シエンタ 6982台
6 ダイハツ ムーヴ 6877台
7 トヨタ カローラ 6679台
8 スズキ スペーシア 6426台
9 ホンダ フリード 6030台
10 トヨタ アルファード 5739台
11 トヨタ ライズ 5545台
12 ダイハツ ミラ 5506台
13 トヨタ ルーミー 5104台
14 ホンダ N-WGN 4681台
15 トヨタ プリウス 4669台
16 トヨタ アクア 4551台
17 トヨタ ヴォクシー 4323台
18 スズキ ハスラー 4294台
19 トヨタ タンク 3891台
20 日産 ノート 3786台