全1943文字
PR

 日本市場 
「ヤリス」が2カ月連続で総合首位、「ヤリスクロス」が貢献
6月発売の「タフト」が初登場で13位に

ダイハツ工業「タフト」
ダイハツ工業「タフト」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2020年10月の登録車と軽自動車を合わせた新車販売台数ランキング。

 トヨタ自動車の小型車「ヤリス」が2カ月連続で総合首位になった。前月に引き続き同シリーズ車の「ヤリスクロス」が販売増加に寄与した。ホンダ「N-BOX」は前年同月比1.7%増となるも2位にとどまった。3位はトヨタの小型SUV「ライズ」で、前月より2ランク上昇。トヨタ車は6位の「ルーミー」、10位の「ハリアー」の販売も好調で、前月に引き続き総合トップ10の登録車はすべてトヨタ車だった。

 軽自動車では、6月に投入されたダイハツ工業「タフト」が発売してから初めてランク入りし、13位になった。

 10月の登録乗用車の販売台数は22万1487台で、前年同月比34.5%増。軽4輪乗用車は11万8436台で、同24.3%増となった。

2020年10月の日本車名別販売ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)
2020年10月の日本車名別販売ランキング
[画像のクリックで拡大表示]