全1944文字
PR

 日本市場 
「ヤリス」が2万台超えで6カ月連続首位
軽乗用車は4.7%増、登録車は小型車が二桁減

トヨタ自動車「GRヤリス」
トヨタ自動車「GRヤリス」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2021年2月の登録車と軽自動車を合わせた新車販売台数ランキング。トヨタ自動車の小型車「ヤリス」が2万台を超え、6カ月連続で首位となった。

 ヤリスは新型発売から1年が経過したが「ヤリス クロス」などの追加で販売は好調だ。一方、同時期に新型になったホンダ「フィット」は徐々に販売台数が減り、2月は21位に下がった。

 11~20位では、スズキ「アルト」が前月より6ランク上がって16位になった。アルトは20年9月以来5カ月ぶりに販売台数が6000台を超えたが、前年同月比は5.9%減となった。

 2月の登録乗用車の販売台数は22万6954台で、前年同月比2.7%減。普通乗用車は同7.3%増加した一方、小型乗用車は13.9%減となった。軽4輪乗用車は13万4937台で、同4.7%増となった。

2021年2月の日本車名別販売ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)
2021年2月の日本車名別販売ランキング
[画像のクリックで拡大表示]