全1982文字
PR

 日本市場 
「ヤリス」が首位、「ルーミー」も前月より増えて3位に
登録車の上位6車種はすべてトヨタ車が占める

トヨタ自動車「ルーミー」
トヨタ自動車「ルーミー」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2021年4月の登録車と軽自動車を合わせた新車販売台数ランキング。

 トヨタ自動車の小型車「ヤリス」が8カ月連続で首位となった。2位は前月と同じホンダ「N-BOX」。3位はトヨタ「ルーミー」が上がった。ほとんどのモデルは前月より販売台数が少なくなったが、ルーミーは前月より増えたことで2ランク上昇した。

 トップ20の登録車10車種のうち、上位6車種はトヨタ車が占めた。これにより、全体ランキングのトップ10の登録車がすべてトヨタ車になった。

 4月の登録乗用車の販売台数は18万2760台で、前年同月比26.3%増。軽4輪乗用車は10万5637台で、同41.7%増となった。19年4月比では、登録乗用車が8.4%減、軽4輪乗用車が39.7%減となり、新型コロナウイルス拡大前の水準には戻っていない。

2021年4月の日本車名別販売ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)
2021年4月の日本車名別販売ランキング
[画像のクリックで拡大表示]