全1864文字
PR

 日本市場 
「ヤリス」が3カ月連続首位、新型「アクア」が3位
部品不足で生産調整、全体の販売台数は3割減

トヨタ「ヤリス ハイブリッド」
トヨタ「ヤリス ハイブリッド」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2021年9月の登録車と軽自動車を合わせた新車販売台数ランキング。

 トヨタ自動車「ヤリス」が3カ月連続首位になり、7月19日に発売した新型「アクア」が3位に上昇した。

 トヨタは東南アジアのパンデミックによる部品不足により、国内のすべての工場で生産調整を行った。その影響でヤリスは前年同月比42.5%減となった。また、前月3位のトヨタ「ルーミー」は、生産しているダイハツの本社工場で生産調整により減産したため、26位まで下がった。

 一方、アクアは前年同月比96.2%増となった。全面改良から間もないため、部品不足の影響は最小限に抑えられた。

 9月の登録乗用車の販売台数は16万9723台で、前年同月比32.7%減。軽4輪乗用車は8万7240台で、同37.0%減となった。

2021年9月の日本車名別販売ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)
2021年9月の日本車名別販売ランキング
[画像のクリックで拡大表示]