全1975文字
PR

 日本市場 
「N-BOX」が「ヤリス」を抑えて3カ月ぶり首位
軽・登録車ともに2桁増、部品不足が改善傾向

日産自動車の軽EV「サクラ」
日産自動車の軽EV「サクラ」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2022年9月の登録車と軽自動車を合わせた新車販売ランキング。ホンダ「N-BOX」がトヨタ自動車「ヤリス」を抑えて3カ月ぶりに首位となった。

 軽電気自動車(EV)の日産「サクラ」と三菱自動車「ekクロスEV」はどちらも順位を落としたが堅調だ。サクラは前月比700台増、軽自動車のみで11位、総合で25位となった。

 9月の登録乗用車販売台数は21万1585台で前年同月比24.7%増。軽4輪乗用車は11万3316台、同29.9%増。中国・上海市の都市封鎖(ロックダウン)によるサプライチェーンの混乱が収まり、車載半導体を含む部品不足が改善に向かいつつあることから、2桁増となった。トップ10はすべてプラス、11~20位でマイナスとなったのはトヨタ「アクア」「アルファード」、日産「ルークス」の3モデルのみ。

2022年9月の日本車名別販売ランキング
(日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会調べ)
2022年9月の日本車名別販売ランキング
[画像のクリックで拡大表示]