全8645文字
PR

【部品】
オンセミ、IGBTパワーモジュールを発表
電動車のトラクションモーター駆動向け

[画像のクリックで拡大表示]

 米オンセミ(ON Semiconductor)は、電気自動車やハイブリッド車、プラグインハイブリッド車などのトラクションモーターの駆動に向けたIGBTパワーモジュール「VE-Tracファミリー」を発売した。同社は「パワー・インテグレーテッド・モジュール(PIM)」と呼ぶ。

 今回は2製品を発売した。1つは、IGBTを2個集積したハーフブリッジ構成のパワーモジュール「NVG800A75L4DSC」である。耐圧は+750Vで、最大コレクター電流は800A。もう1つは、IGBTによるハーフブリッジ構成を3組内蔵したパワーモジュール「NVH820S75L4SPB」である。いわゆる「6パック構成」のパワーモジュール。耐圧は+750Vで、最大コレクター電流は820Aである。2製品どちらも、第4世代のフィールドストップ(FC)構成を採用した狭メサ型のIGBTを採用した。

 NVG800A75L4DSCは、表面と裏面の両方に放熱板を設けた「デュアル・サイド・クール(DSC)」構造を採る。複数積み重ねられるため、実装面積を増やさず駆動能力を高められる。NVH820S75L4SPBは、パッケージに取り付けた端子やフィンを使って放熱する方法を採用する。(山下勝己)