全1776文字
PR

 自動車関連の総合展示会「オートモーティブワールド2020」(2020年1月、都内)では、多くの部品メーカーが出展した。2019年秋の「東京モーターショー」で部品メーカーの出展が抑えられたことが背景にある。出展品から見えた、主に電動化と素材に関する最新技術を追う。

小型化した新型フィットHV用PCU

 ホンダ系列のエンジン関連部品メーカーであるケーヒンは、2020年2月に発売した新型「フィット」ハイブリッド用の制御ユニット(PCU)を展示した(図1)。DC/DCコンバーターを追加装備した上で、体積・質量ともに約1割削減。水冷機構は、冷却経路を見直し高効率化した。

[画像のクリックで拡大表示]
図1 ホンダ「フィット」HEV用PCU
[画像のクリックで拡大表示]
図1 ホンダ「フィット」HEV用PCU
(a)従来品と開発品。(b)開発品。ケーヒン製で、DC/DCコンバーターを追加装備した。水冷機構では冷却経路を見直し、性能向上を図った。

 同社の研究開発で注目すべきは、電池モジュール内の配線を省ける、ワイヤレス機能対応の電池モジュールコントロール機構だ(図2)。電池モジュールを小型化できるだけでなく、メーカーが回収する使用済み電池モジュールのリサイクル性を高められる。

図2 ワイヤレス制御を採用した電池モジュール
図2 ワイヤレス制御を採用した電池モジュール
電池モジュール内の配線を省ける、ワイヤレス制御機能を採用。小型・軽量化するとともにリサイクル性を高めた。
[画像のクリックで拡大表示]