全2016文字
PR

 ダイカストメーカーであるリョービの自動車向け量産・試作品を紹介する。同社は以前から手がけてきたアルミニウム(Al)合金を使うパワートレーン系部品に加え、将来の電動車向け製品の開発に手を広げ、自動車メーカーや1次部品メーカーへの提案を進めている。

量産品から進化するモーターケース

 2020年1月にドイツ・ニュルンベルクで開催された、圧力鋳造技術専門見本市「ユーロガス2020」において、リョービが展示した製品群を技術的内容とともに述べる(図1)。

図1 リョービの実車大展示物
図1 リョービの実車大展示物
2020年1月にドイツ・ニュルンベルクで開催された圧力鋳造技術専門見本市「ユーロガス2020」において紹介された同社の製品群。電池ケースなど、電動化部品を中心に組み合わせた実車大の展示。写真右側が車両前方で、サブフレームを組み合わせている。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は開発を進めているモーター用部品として、新設計・生産技術による2種類のモーターケースの試作品を披露した(図2)。

[画像のクリックで拡大表示]
図2 試作したモーターケース
[画像のクリックで拡大表示]
図2 試作したモーターケース
(a)左が従来品で、右が開発品。従来品は抜き勾配1度であり、中央付近でバリ抜きが必要。開発品は抜き勾配を極小化することで1ピース構造を採用しつつバリ抜きコストの削減や冷却性能を向上させた。(b)従来品と開発品の構造の説明図。