全2090文字
PR

 トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の分解レポートの第6回は、電動パワートレーンを調査した。初代ミライのシステムからコスト半減を達成した秘訣は、ハイブリッド車(HEV)との部品共用である。量産効果によってコスト競争力に優れるHEV部品を流用できるようにするため、トヨタはSiC(炭化ケイ素)のパワー半導体を搭載した部品を採用した。

この記事は有料会員限定です

「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)