全5247文字
PR
写真:宮原一郎
写真:宮原一郎
[画像のクリックで拡大表示]

日産自動車の「カーボンニュートラル」を目指した電動化戦略における独自性が際立つ。電気自動車(EV)とハイブリッド車(HEV)の2本柱で、トヨタ自動車やホンダが重視するプラグインハイブリッド車(PHEV)や燃料電池車(FCV)は“脇役”だ。日産でパワートレーン開発を主導する平井俊弘氏(専務執行役員)に真意と今後の見通しを聞いた。

 48V簡易HEVには見向きもしないし、PHEVにも見向きもしない。レンジエクステンダー(航続距離延長)用のエンジンが付いたEVも行き場はないだろう。当社が考える究極はEVだ。そして、EV化を進める上で必要になる技術として、e-POWERを据えた。

 カーボンニュートラルを目指していく中で、(エンジンを発電専用に使う)e-POWERは大きな役割を担う。発電専用エンジンの熱効率の追求をすればするだけ二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果が確実に出る。その改善スピードは、EVの充電インフラや再生可能エネルギーによる発電環境の整備よりも早い。

 エンジンを発電専用として使うと、効率のよい回転・トルク域だけでエンジンを動かす「定点運転」ができる。最終的には(回転数とトルクの動作点を固定した)1点での運転が可能になる。エンジンを駆動用に使うシステムでは幅広い回転・トルク域で効率を上げていかないといけない。ここにe-POWERの利点がある。

 現在開発を進めているe-POWER向け発電専用エンジンが目指しているのは、熱効率で50%を達成することだ。今回、その実現に向けて「STARC(Strong Tumble and Appropriately stretched Robust ignition Channel)」という新しい燃焼技術を開発した。