全3283文字
PR

 「なんかちょっと寒いなあ」「では24度にします」─。運転者とクルマ間でこのような会話ができるようになってきた。実現を支えるのは、対話型のAI(人工知能)機能だ。この対話型AI機能を備える車載用インフォテイメントシステムが普及しだした(図1)。

図1 BMWが搭載する対話型AIの画面
図1 BMWが搭載する対話型AIの画面
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 この対話型AIの搭載は一時的なブームで終わらないだろう。自動車メーカーの巨人、ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen:VW)が、量産車での搭載に踏み切ったからだ。2020年以降、ユーザーへ広く浸透する可能性がある。

 対話型AIを搭載する動きは、欧州の自動車メーカーで活発だ。日本市場では、2018年10月にドイツ・ダイムラー(Daimler)が発売した小型ハッチバック「メルセデス・ベンツ Aクラス」や、2019年1月にドイツBMWが発売したセダン「3シリーズ」などがけん引役となり、対話型AIのインフォテイメントシステムの認知度が上がった(図23)。一部オプションでの扱いもあるが、メルセデス・ベンツ、BMWともに、搭載車種を増やしている。

図2 対話型AIを搭載するDaimlerのハッチバック「Aクラス」
図2 対話型AIを搭載するDaimlerのハッチバック「Aクラス」
(出所:Daimler)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 対話型AIを搭載するBMWのセダン「3シリーズ」
図3 対話型AIを搭載するBMWのセダン「3シリーズ」
(出所:BMW)
[画像のクリックで拡大表示]

 特にユーザーの関心を高めるきっかけとなったのが、“ハイ、メルセデス"と話しかければシステムを利用できる、メルセデス・ベンツのテレビCMだ。人気声優を採用したこともあってか、クルマと会話をすることで、エアコンや車内のイルミネーションを操作できる。同CMが功を奏し、「“ハイ、メルセデス"のクルマはありますか?」と販売店にやって来る顧客もいるほど。