全1480文字
PR
燃料別に見た平均CO<sub>2</sub>排出量と市場シェア
燃料別に見た平均CO2排出量と市場シェア
平均CO2排出量はNEDC相関値。欧州21カ国における20年の値。(出所:JATO Dynamics)
[画像のクリックで拡大表示]

英調査会社のJATO Dynamics(JATOダイナミクス)は2021年4月、欧州21カ国で20年に登録された新車の平均二酸化炭素(CO2)排出量が前年比12%減少したと発表した。20年のCO2排出量の加重平均は106.7g/kmで、19年の121.6g/kmから15g/km減少した(図1)。

図1 欧州21カ国で20年に登録された新車(乗用車)の平均CO<sub>2</sub>排出量
図1 欧州21カ国で20年に登録された新車(乗用車)の平均CO2排出量
(出所:JATO Dynamics)
[画像のクリックで拡大表示]

 新車の平均CO2排出量が低下したのは、電気自動車(EV)およびプラグインハイブリッド車(PHEV)の登録台数が大きく伸びたためだ。欧州のEVとPHEVの20年の登録台数は約121万台で、市場全体の10.6%を占めた。19年の約46万6000台、シェア3.1%から大幅に増加した。燃費や排ガス試験方法の国際基準であるWLTP(Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure)の導入や、各国の厳しい排ガス規制により、自動車メーカーはCO2排出量を下げるためにEVやPHEVのラインアップを拡大している。