PR

三菱自動車が「世界戦略車」と位置付けて開発した小型SUV(多目的スポーツ車)が「エクリプスクロス」である(図1)。100カ国近い市場での投入を目標に開発を急ぐ中、発売まで約1年というタイミングでまさかの事態が起こった。2016年4月に発覚した会社レベルの燃費不正だ。開発責任者を務めた山内裕司は想定外の難局に直面していた。

図1 三菱自動車の小型SUV「エクリプスクロス」
図1 三菱自動車の小型SUV「エクリプスクロス」
2017年10月に欧州で発売し、日本では2018年3月に販売を開始した。価格は253万円から。外観デザインンにこだわり、クーペスタイルに仕上げた。
[画像のクリックで拡大表示]

 意図的に燃費を低く見せるためデータを改ざんするなど、悪質な不正行為が発覚した三菱自動車。報道は過熱し、世間からも猛バッシングを受けていた。

 あの時が一番つらかったですね。経営からは「このまま開発を続けても大丈夫なんだろうな」と言われるし、開発を進めているチームのメンバーからは「自分たちの仕事がいつかなくなるかもしれない。このまま進めていいのでしょうか」と不安が広がっていた。

 当然、開発はいったんストップ。不正が明らかになってすぐ、開発部門のトップから「総ざらいせよ」との指示が出ました。実質2日か3日くらい。実際に開発部門が止まったのはそんなに長くはありませんでした。

 それでも、開発メンバーのモチベーションはどんどん落ちていくし、不安も大きくなっていく。私自身もそうだったが、「この会社どうなっちゃうんだろう」と思いましたね。特に心配だったのは若手。中には会社を辞めていくメンバーもいました。

山内裕司(やまうち・ひろし)
山内裕司(やまうち・ひろし)
1968年生まれ。1996年4月、三菱自動車工業入社。2003年の車両実験部振動試験グループマネージャー、2005年のCセグ商品開発プロジェクト・エキスパート(デリカD: 5担当)、2014年の協業企画推進室室長、2015年のプロダクトエグゼクティブ(C&D-seg)などを経て、2017年1月からプログラム・ダイレクター(C&D-seg)。(写真:加藤康)
[画像のクリックで拡大表示]