写真:日産自動車、トヨタ自動車、ホンダ、マツダ
写真:日産自動車、トヨタ自動車、ホンダ、マツダ

小型車のボディー骨格には、軽さと高い衝突安全性が求められる。最も高い強度が求められる骨格の部位にはこれまで、ホットスタンプ(高張力鋼板の熱間プレス材)が使われてきた。だが、ホットスタンプと同じ強度の高張力鋼板(冷間プレス材)が実用段階に入り、ホットスタンプを追い上げる。冷間プレス材では、ホットスタンプに並ぶ強度と成形性を両立する素材の開発が加速する。次世代の小型車はホットスタンプを多用するボディーと、冷間プレス材を積極活用するボディーに2極化する可能性がある。