全6605文字
PR

電気自動車(EV)の電池電圧を現状の2倍となる800V以上に高める取り組みが欧米中で加速している。焦点はどこまで広がるか。高級車にとどまるのか、それとも大衆車まで広がるのか、見方は分かれる。一方で電圧倍増を追い風に、パワー半導体として現状のSi(シリコン)からSiC(シリコンカーバイド)への置き換えが進む。様子見の日本勢だが、早晩対応を迫られる。

 ドイツPorsche(ポルシェ)が2020年にEV「Taycan(タイカン)」を発売したのを皮切りに、同Audi(アウディ)や韓国・現代自動車、米GMが相次いで800V対応EVの投入を発表した(図1)。ドイツDaimler(ダイムラー)も検討しており、高級車の標準になる勢いだ。

図1 大衆車に800V化の流れはくるか
図1 大衆車に800V化の流れはくるか
大衆車メーカーの現代自動車がEV「IONIQ 5」で800V化にかじを切る。(出所:現代自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本勢ではドイツ高級車と競合する「レクサス」を抱えるトヨタ自動車が、800V化への対応は避けられないとの見方が強まっている。

 さらなる高電圧化が進む可能性もある。ポルシェは21年9月、900Vまで高めたEV競技車を開発すると公表した。中国では1kV超まで高めた「キロボルトカー」の議論も飛び出す。

 EVに搭載するリチウムイオン電池の電圧は通常400V前後である。2倍以上に高める最大の狙いは、EVの課題である充電時間を短縮することだ。電池容量の拡大競争が激しくなっていることが背景にある。

 高級車では、100kWh超の電池を搭載するEVが登場し始めた。ドイツBosch(ボッシュ)の予測によると、75k~100kWhの大容量電池を搭載したEVの比率が25年に20%に達し、28年には32%に拡大する。

 大容量化で航続距離を伸ばせる一方、充電時間は長くなる。ユーザーの不満を抑えるのに800V化が必須というわけだ。充電インフラも800Vに対応する必要はあるが、充電時の電流量を増やさないで急速充電器の出力を高められ、充電時間を短縮できる。ポルシェは800Vにして出力を350kWに高めた「超急速充電」によって、4分の充電時間で100km走行できるとうたう。

 欧州では800V対応急速充電器の設置が進み始めた。米中にも広がる流れである。調査会社BloombergNEFは、欧州と米国、中国における急速充電器のうち、800V対応比率は21年に1%のところ、25年に28%、30年に52%まで増えると予測する。

 800V化の利点は、充電時間の短縮にとどまらない。インバーターや駆動モーターといった中核のパワートレーン部品の小型化と高出力化に貢献する。ドイツのメガサプライヤーが、800V対応パワートレーン部品の量産計画を続々と明かし始めた。