画像:日産自動車、ホンダ、トヨタ自動車、マツダ
画像:日産自動車、ホンダ、トヨタ自動車、マツダ
[画像のクリックで拡大表示]

オンライン販売の対象が、「クルマ」から「機能」に広がってきた。マツダは2021年9月、既販車のディーゼルエンジンの制御ソフトウエアを店舗で更新し、性能を最新仕様に向上させる事業を始めた。マツダとトヨタ自動車は、ソフト更新によって既販車の先進運転支援システム(ADAS)の機能を改善する事業も手掛ける。本格的なOTA(Over The Air)時代に向けて、こうした取り組みは新たな競争軸になる。一方、クルマを対象にしたオンライン販売については、日本の自動車メーカーではホンダが先陣を切った。新車のオンライン販売が広がると、「将来的に販売店は生き残れなくなる」という見方もある。日系メーカーには販売店の役割の再定義が求められる。