全4566文字
PR

巻き線界磁式の同期モーター(Electrically Excited Synchronous Motor、EESM)を駆動モーターに採用した日産自動車の電気自動車(EV)「アリア」。その背後にあったのは、EVの差異化やリスクの軽減などだ。採用に向けては小型化が課題となったが、冷却方法の工夫などで解決した。

 日産は、新型EV「アリア」の駆動用モーターに、EESMを採用した(図1)。EVでは現在、誘導モーター(Induction Motor、IM)を使う車種もあるが、永久磁石式の同期モーター(Permanent Magnet Synchronous Motor、PMSM)が主流である。日産はなぜ、アリア用にEESMを開発し採用したのか―。日産パワートレイン・EV技術開発本部パワートレイン・EVプロジェクト部電動パワートレインプロジェクトグループパワートレイン主管(EV)の軍司憲一郎氏は、そこには主に3つの理由があると説明する。

(a)
(a)
[画像のクリックで拡大表示]
(b)
(b)
[画像のクリックで拡大表示]
図1 日産がアリアに搭載したEESMのローターとステーター
(a)左がローター、右がステーター、(b)ローターにも巻き線が巻かれていることが分かる。(画像・写真:日産自動車)