全4181文字
PR

 パワートレーンの電動化やバイワイヤ化と相まって、車両運動制御が高度化しつつある。そのけん引役となっているのが電動四輪駆動(4WD)システムだ。前後のモーターとブレーキなどを協調制御することで快適性が高まってきている。そうした走りの進化が新たな訴求点になる可能性を秘める。

 カーブ手前の減速で前のめりになるようなピッチング(車両が前傾や後傾になったりする回転運動)が大きく抑えられ、修正操舵(そうだ)も減る。アンダーステア(コーナリングで狙ったラインよりも外側に膨らんでしまう現象)に陥りにくく、コーナリングの安定感も高い。日産自動車の新型SUV(多目的スポーツ車)「エクストレイル」の電動4WD車に試乗し、ワインディングロードや高速道路、市街地を走行したときの印象だ(図1)。

図1 試乗した日産自動車の新型SUV「エクストレイル」
図1 試乗した日産自動車の新型SUV「エクストレイル」
電動4WDシステム「e-4ORCE」を搭載したグレード。(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 これを可能としたのが、電動4WDシステム「e-4ORCE」と、その特性を引き出すブレーキとモーターの協調制御だ(図2)。従来は独立させていた横滑り防止装置(ESC)による油圧ブレーキの制御と、モーターによるトルクや回生ブレーキの制御を統合した。

図2 新型エクストレイルの4WD車のパワートレーン
図2 新型エクストレイルの4WD車のパワートレーン
前輪側には、排気量1.5Lの可変圧縮比ターボエンジン「VC ターボ」(最高出力106kW、最大トルク250N・m)とフロントモーター(同150kW、同330N・m)を組み合わせたシリーズ方式のハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載。後輪側には、同100kW、195N・mのリアモーターを搭載する。(写真:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 すなわち、車両運動の統合制御の高度化が、パワートレーンの電動化やバイワイヤ化の進展と相まって、より安定で安心・快適な走りを可能にした。

 ESCは、常用のサービスブレーキ(運転者がペダルを踏むことで作動するブレーキ)ほどの制動力は出せない。だが、サービスブレーキとは独立に油圧を作り出し、それぞれの車輪に供給する油圧を個別に制御できる。言い換えれば、ブレーキペダルとは切り離されたバイワイヤでありながら、四輪を独立に制御可能なブレーキとして活用できる。