メガサプライヤーがもがいている。欧州の次期排ガス規制「Euro 7(ユーロ7)」の導入が想定より前倒しになり、同時に電気自動車(EV)シフトへの対応も求められる。クルマの価値の中心になりつつあるソフトウエアの開発も急務だ。四苦八苦する隙を突くように、中国勢をはじめとする“メガ予備軍”は取り組みを加速させる。世はまさに、メガサプライヤー新戦国時代である。

写真:ボッシュ、コンチネンタル、日経Automotive
写真:ボッシュ、コンチネンタル、日経Automotive
[画像のクリックで拡大表示]