全1940文字
PR

「日欧のメガサプライヤーのライバルになり得る存在」―。こうした評価を耳にすることが増えたのが、中国・華為技術(ファーウェイ)である。同社が車載部品事業を本格化したのは2012年のこと。通信機器大手がいつの間にか、自動車業界のダークホースとして急浮上してきた。

 「中国2社に加えて、欧州の自動車メーカーからの採用が決まっている」。口を開いたのは、中国・華為技術(ファーウェイ)の自動車部品事業担当者である。詳細は明かさないが、採用されたのは自動運転/先進運転支援システム(ADAS)関連の部品だ。

 同氏はこう続ける。「2021年は日系自動車メーカーから2つのプロジェクトを受注した」。こちらは自動運転とは別の部品とみられる。ファーウェイは日本での受注活動を2020年後半に本格化。「2023年には大きな話が動きそうだ」(同氏)と自信をのぞかせる。

 中国の自動車業界に詳しいアナリストは、「ファーウェイは自動車メーカーにはならないと宣言しているが、実力を考えるとクルマをいつ生産してもおかしくない」と分析する。実際に完成車を市場投入するかは不透明だが、「完成車のシステムまで手掛ける『ティア0.5』を目指して付加価値の高い部品を拡充してきた」(先述のファーウェイ関係者)という(図12)。

図1 ファーウェイの電動パワートレーン部品
図1 ファーウェイの電動パワートレーン部品
モーターやインバーター、減速機などを一体化した電動アクスルのほか、統合型の熱マネジメントシステムなども用意する。(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 自動運転向けのECU「MDC 610」
図2 自動運転向けのECU「MDC 610」
内製の車載SoCを搭載する。演算性能は200TOPS以上とする。寸法は、300×200×40mm。(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]