写真・画像:マツダ、自動車事故対策機構(NASVA)、日経Automotive
写真・画像:マツダ、自動車事故対策機構(NASVA)、日経Automotive
[画像のクリックで拡大表示]

マツダ社長の丸本 明氏は2022年11月に開いた2030年に向けた経営方針の発表会で、「自動車技術で対策可能なものついては2040年をめどに、自社の新車が原因となる交通死亡事故をゼロにすることを目指す」と宣言した。そのカギを握るのが、衝突安全性能と予防安全性能の強化である。予防安全技術によって事故をできるだけ減らし、予防安全技術では防ぎきれない事故には衝突安全技術で対応する。同社の今後の成長をけん引すると期待されるのが、新プラットフォーム(PF)「ラージ」適用車だ。予防安全の面では、その第一弾となる新型「CX-60」に最新技術を結集させた。衝突安全の面では、主要骨格部品を内製化した。骨格部品の品質を高めながら製造コストを削減し、衝突安全性能を強化する。