全1836文字
PR

防耐火性能を高めるだけでは、戸建て住宅火災による死亡者数を減らせない――。日本建築学会の「住宅の火災安全小委員会」はこう訴える。住民の命を守るには、安全に避難できる経路を考えておく必要がある。同小委員会が示す対策を伝える。

 戸建て住宅の火災で、住民が死亡する事故は珍しくない。実は、住宅火災の発生件数は23年前と比べて6割以上減少しているのに、死者数はほとんど変わっていない。高齢者の死者数に限ると、3割以上増加している状況だ〔図1〕。

〔図1〕死亡者数は23年前と同水準
〔図1〕死亡者数は23年前と同水準
住宅火災による死者数を示す。2018年と、23年前の1995年とを比べると、総数は同水準の一方で高齢者の割合は増加傾向にある(資料:日本建築学会 住宅の火災安全小委員会。一部表記について日経ホームビルダーが加筆)
[画像のクリックで拡大表示]

 事態を問題視した日本建築学会の「住宅の火災安全小委員会」は、2020年9月にシンポジウム「あなたの家は大丈夫ですか?――戸建て住宅の火災時避難安全について考える――」を開催。対策を訴えた。

 まず知っておきたいのは、住宅火災で住民が死亡する原因の多くは熱や炎ではなく、煙であることだ。消防庁の集計では、煙によるCO(一酸化炭素)中毒・窒息死が43%で、熱や炎による火傷死の37%を上回る〔図2〕。 

〔図2〕火災死亡原因の4割はCO中毒
〔図2〕火災死亡原因の4割はCO中毒
2017年度に発生した住宅火災による死因の内訳を示す。CO中毒・窒息が4割で最多を占める(資料:日本建築学会 住宅の火災安全小委員会。一部表記について日経ホームビルダーが加筆)
[画像のクリックで拡大表示]

 煙は延焼速度よりも速く広がる。防耐火性能を備える実大の木造3階建て住宅での火災実験では、1階の出火から約16分30秒後に3階廊下の煙濃度が避難できないレベルになった。ちなみに、3階に延焼したのは約65分後だった〔写真1〕。

〔写真1〕煙の拡大は速い
〔写真1〕煙の拡大は速い
実大の木造3階建て住宅を使った火災実験の様子。延焼速度よりも煙の拡大が速い。出火元は1階で、煙は2階よりも3階に先に到達した。建築研究所と日本ツーバイフォー建築協会、石膏ボード工業会が共同で実施した(写真:日本建築学会 住宅の火災安全小委員会)
[画像のクリックで拡大表示]

 特別な防耐火対策が採られていない、いわゆる「裸木造」の建物よりも、防耐火性能を高めた準耐火建築物や耐火建築物の方が、CO中毒と窒息死の割合が多いというデータもある〔図3〕。建物の防耐火性能を高めると延焼速度が遅くなるので、倒壊までの時間を長く稼げる。一方で、住民は火災の発生に気付くのが遅れやすくなる。そのため、火災に気付いた時は階段から煙が広がって、CO中毒や窒息死に至るケースが増すとみられている。

〔図3〕防耐火仕様でもCO中毒死が多い
〔図3〕防耐火仕様でもCO中毒死が多い
2017年度の火元建物の構造別の損害発生状況を示す。裸木造より防耐火性能の高い建物の方がCO中毒死の割合が高い(資料:日本建築学会 住宅の火災安全小委員会。一部表記について日経ホームビルダーが加筆)
[画像のクリックで拡大表示]

 三井ホーム技術研究所研究開発グループ管事で同小委員会の主査を務める泉潤一氏は、「防耐火性能を上げても避難安全性能が高まるわけではない。仕上げ材や家財が燃えている間に住民が逃げられるようにすることは、どの防耐火構造にも共通する問題だ」と説明する。