PR
全2665文字

 地域ビルダーによる中高層木造の取り組みが、各地で本格化している。山形市のシェルターは、一般流通する国産ムク材を主要構造に用いた高層ビルの建設に着手。自社開発の耐火被覆部材「COOL WOOD(クールウッド)」を採用する。東北地方の地域産材を積極的に採用し2020年5月に着工する予定だ〔図1〕。

〔図1〕主要構造を一般流通材のみで
〔図1〕主要構造を一般流通材のみで
「(仮称)仙台駅東口プロジェクト」のイメージ。前面はガラスカーテンウオールで、「COOL WOOD」の表面材を現し(資料:シェルター)
[画像のクリックで拡大表示]

 建築計画は「(仮称)仙台駅東口プロジェクト」。建設予定地はJR仙台駅前にある245.39m2の用地で、発注者は土地所有者。設計・施工をシェルターが受注した。店舗、事務所、専用住宅からなる地上7階建てで最高高さ26.52m、延べ面積1029.4m2の建物だ。主要構造をムクの一般流通材のみでつくる国内初の高層木造建築で、21年春の完成を目指す。

この記事は有料会員限定です

「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い