PR

 LED照明の誤使用などによる発火や発煙といった事故が直近10年間で300件以上発生──。2009年9月から19年3月10日までに消費者庁の事故情報データバンクに寄せられたLED照明に関するトラブルの集計結果から、こうした実態が分かった。同庁が19年3月末に公表した。

〔図1〕ここ数年で事故件数がじわり増加
〔図1〕ここ数年で事故件数がじわり増加
LED照明の事故事案の件数。東日本大震災後の普及拡大が背景か、12年度と13年度に事故事案も急増。近年は微増傾向にある(資料:消費者庁の資料を基に日経 xTECHが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 LED照明は特に東日本大震災の発生後、急速に普及が進んできた。対応していない照明器具で使用し、事故につながるケースが多い。

 同庁が把握した直近10年間の事故事案は合計328件、住宅火災に発展しかねない発火事案はそのうちの23件。東日本大震災発生から間もない12年度と13年度は事故件数も急増し、いったん落ち着いたが、ここ数年は微増傾向だ。15~17年度は30件前後、18年度は4年ぶりに40件を超えた。事故事案をLED照明の製品種類別で見ると、電球形が最も多く、事故事案全体の約7割を占める。