全1516文字
PR

 洪水で水位がみるみる上昇するなか、ゆっくりと浮かび上がる2階建ての木造戸建て住宅。水が引いた後は元の位置に着地する──。防災科学技術研究所(防災科研)と一条工務店は10月13日、同社が発売した「耐水害住宅」が水深3mの洪水に耐えられるか、確認する実大実験を報道陣に公開した〔写真1〕。

〔写真1〕洪水が発生しても浮き上がって浸水・流出を防ぐ
〔写真1〕洪水が発生しても浮き上がって浸水・流出を防ぐ
防災科学技術研究所の施設内で「耐水害住宅」の実証実験をする様子。住宅が立つ大型水槽内の水位は1分間に約3cm上がり、水深が約1.4mに達すると住宅が浮き始めた。その後、水深3mになるまで注水を継続。内部へ浸水することなく、耐水害住宅の四隅は地上から約1.4~1.7m上昇した。水深3mで住宅が浮上中、写真下から住宅のリビングがある面に向かってポンプで流速約3m/秒の水流を発生させたが、住宅が流されたり内部へ浸水したりすることはなかった(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 両者は2019年から共同で、住宅の水害被害軽減プロジェクトを開始。防災科研の施設内に一般的な仕様の住宅と、気密性を高めるなどして水害対策を施した住宅の2棟を建設し、実際に浸水させて、被害の検証を重ねてきた。防災科研の酒井直樹主任研究員は「住宅の水害リスクが定量的に分かってきた」と語る(関連記事:日経ホームビルダー2020年5月号「決壊地区で基礎ごと200m流れる」)。

 例えば実験の成果の1つとして、気密性の高い耐水害住宅は浸水深約1.4mになると浮力が建物の重量を上回り、浮き始めることが分かった。一条工務店の開発責任者である萩原浩氏は、「浮力対策をしないと、被災時に住宅が流出して二次被害を引き起こす」と考え、防災科研と課題解決に取り組んだ。こうして誕生したのが、浮くことを前提にした新たな耐水害住宅だ。

水密仕様で浮かせる

 浮いて洪水をやり過ごす耐水害住宅には、大きく4種類の対策を施してある。浸水対策、水没対策、逆流対策、そして浮力対策だ〔図1〕。

〔図1〕耐水害住宅には4つの対策を盛り込んだ
〔図1〕耐水害住宅には4つの対策を盛り込んだ
一条工務店の耐水害住宅の主な仕様。外壁はタイル張りで、漂流物の衝突で破損しても部分補修で済む。窓はトリプルガラスで、屋外側は強化ガラスを採用した(資料:一条工務店の資料を基に日経アーキテクチュアが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは浸水対策。基礎の換気口の内側にボックスを設け、この中にフロート弁を配置。換気口を通じてボックス内に水が浸入すると弁が浮いて蓋をし、基礎内部を密閉する。玄関ドア用に気密性が高いパッキンを開発したほか、1階には引き違い窓よりも気密性が高い開き窓を採用した。

 外壁内部への浸水防止策として、浮上時に水に漬かる約1.7mの高さまでは、外壁を包み込むように透湿防水シートを施工した。

 室外機や蓄電池、電気給湯機などの電気設備は水没対策として、浸水しない高さで建物に固定した。また、汚水の逆流対策として、床下の排水管に逆流防止弁を設けている。