全1858文字
PR

外壁をガルバリウム鋼板で仕上げた築12年の木造住宅で雨漏りが発生。外壁を剥がしたところ、ボロボロになった透湿防水シートが現れた。その理由を著者が推理する。(日経ホームビルダー)

 今回は透湿防水シートの熱に対する耐久性について考える。

 一般に戸建て住宅の防水は、外壁や屋根など建物外皮である1次防水層と、透湿防水シートやアスファルトルーフィングなどの2次防水層とで構成されている。仮に雨水が1次防水層を突破しても、2次防水層が防水性能を発揮すれば、室内での雨漏りには至らない。その意味で、2次防水層は「最後の砦」ともいうべき存在で、高い防水性能が求められる。

 ところが、雨漏り調査や修理をしていると、透湿防水シートがボロボロになり、全く防水性能を発揮していないケースに遭遇することがある〔写真1〕。

〔写真1〕築12年の木造住宅で雨漏りが発生
〔写真1〕築12年の木造住宅で雨漏りが発生
雨漏りが発生したのは、外壁をガルバリウム鋼板で仕上げた築12年の木造住宅。居住者が中古住宅として購入した年に、早くも雨漏りに見舞われた(写真:第一浜名建装)
[画像のクリックで拡大表示]

 写真1の住宅はその一例だ。居住者は、外壁をガルバリウム鋼板(溶融アルミ・亜鉛メッキ鋼板)で仕上げた築12年の木造2階建て住宅を購入したが、住み始めた年に雨漏りに遭遇した。この住宅を建設した住宅会社が既に廃業していると分かったので、居住者は筆者に雨漏りの調査と修理を依頼してきた。