全227文字
PR

 マンションのリノベーションを想定した薄型タイプの防音床下地材。専用下地パネルと専用制振マットを組み合わせた。仕上げ厚はフロア込みで49.5mm。防音改修工事の主流である、支持脚で支える床パネルを張って床下に空間をつくる二重床施工よりも、仕上げの高さを低く抑えられ、天井高を確保することができる。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)