全230文字
PR

 一般的な安全帽にシリコンバンドで取り付けられる小型送風ファン。後方からヘルメット内部と首元の2方向に風を送り込んで頭部を冷やし、気化した汗を放出する。建設現場の熱中症対策を狙った製品。バッテリーにはリチウムイオン充電池を採用している。風速が「中モード」の場合、8時間動作する。装着時の重さは295g(バッテリーを含む)。

この記事は有料会員限定です

「日経アーキテクチュア」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)