今や一般的な手法となった外壁の通気工法。その要となる透湿防水シートで、思いも寄らぬトラブルが生じている。主な原因は透湿防水シートの誤った使い方だ。木材の劣化を促進したり、水分の浸入を招いたりして、再施工に至るケースもある。トラブル事例を参考に、知らないままでは危ない透湿防水シートの使い方を伝える。資材発注担当者だけでなく、大工や現場監督などもしっかりと理解しておきたい。

[画像のクリックで拡大表示]