新築住宅の建築依頼先を選択する際に、口コミ情報を使う建て主が増えている。2018年以降に新築した建て主の場合、約7割が口コミ情報を活用。13年以前の建て主の場合と比べると、状況は逆転している。建て主が口コミ情報をどのように利用し、そして自らはどのような動機で発信しているのか。建て主を通じた住宅会社の営業力や受注力強化の手立てを探った。

※背景のコメントはe戸建てのウェブサイトを基に作成 (イラスト:柏原昇店)
※背景のコメントはe戸建てのウェブサイトを基に作成 (イラスト:柏原昇店)
[画像のクリックで拡大表示]