全1645文字
PR

 住宅の性能と品質だけでは、競合を大きく引き離す違いを出しにくい──。埼玉県熊谷市のサンアイホームが力を入れているのは、「現場」による他社との差別化だ。

 同社は北関東を中心に、分譲物件を含めて年間約180棟の住宅建築を手掛ける中堅住宅会社。近藤達夫社長の持論は、「受注の決め手は“好感度”」だ。2015年ごろから、「現場の見せる化」に関する様々な工夫に取り組んできた。

 「建築中の現場を通して、当社の家づくりの姿勢や、協力会社を含めた現場担当者・作業者の仕事ぶりを建て主や見込み客に実感してもらうことが狙い。ブランド力では大手にかなわない。営業担当者はもちろんだが、現場で働く人間も含めて、自社の“好感度”で勝負する」。近藤社長はこのように話す。

 近藤社長が現在の取り組みに乗り出した際、まず手をつけたのは、協力会社を含めた現場関係者の意識改革だ。自社研修や定期的に開く協力会社会〔写真1〕などを介して、「どのような現場であるべきか」という認識を社内外の全員で共有するところから始めたという。

〔写真1〕社内はもちろん協力会社とも認識共有
〔写真1〕社内はもちろん協力会社とも認識共有
協力会社会は定期的に実施。顧客に褒められた点やクレームを受けた点なども報告し合う。「現場のあるべき姿」の認識共有は、こうした集まりでのディスカッションがベースになっている(写真:サンアイホーム)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば「きれいな現場」「整理できている現場」といっても、人によって受け止め方が違う。そこで近藤社長は、具体的な作業や工程ごとに「あるべき姿」の事例写真を資料にまとめて、全員に提示〔図1、2〕。これらはもともと、社内や協力会社の担当者・作業者が各現場で個人的に実践していた取り組みから、それぞれの現場監督がピックアップしたものだ。

〔図1〕資材養生は見た目も重視
〔図1〕資材養生は見た目も重視
現場関係者用の研修資料の一部。資材養生の良しあしの認識を共有する(資料:サンアイホーム)
[画像のクリックで拡大表示]
〔図2〕安全対策は具体的に
〔図2〕安全対策は具体的に
「あるべき安全対策」を認識共有のテーマにした研修資料の一部(資料:サンアイホーム)
[画像のクリックで拡大表示]

 資材の置き方、養生シートの張り方、工具の置き方、施工中の様々な安全対策など、具体的な模範例の写真を題材にディスカッションを重ねることで、「あるべき姿」を全員で共有するようにした。

この記事は有料会員限定です

「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料