PR
全1231文字

 カネキ・パンダホームは岩手県北端部の二戸市を本拠とする地域工務店。近年は、新築の戸建て住宅を年間10棟前後、毎年継続して受注している。同社には営業専任の担当社員はゼロ。手堅い受注を支える主役は、自社の大工職たちだ。

 同社では、現場でリーダーの役割を担うベテラン6人を筆頭に、大工職14人を社員として雇用している。浪岡清高社長自身も元大工職。同社では新人大工職は社員寮に最低5年間の住み込みが前提だ。木材加工全般の技術・技能や現場運営・安全管理といったスキルだけでなく、顧客や近隣住民とのコミュニケーション力もみっちり仕込む。

 浪岡社長が、大工職の育成でコミュニケーション力まで重視しているのは、現場を重要な“営業拠点”と捉えているからだ。同社では、建て主からの紹介や現場近隣の住民からの問い合わせこそ、途切れない受注の基礎になっている。

 教育も重要だが、現場での実践はさらに重要だ。実践ぶりを、建て主や近隣住民に分かりやすい形で見せる必要がある。現場では、敷地入り口付近の目立つ位置に立てた大きな看板に、法定表示などに加えて、現場担当者が日常順守すべきマナーや身だしなみの心得15カ条を掲示。作業中は資材の養生や、工具の整理に常に気を配る〔写真1~3〕。

〔写真1〕見てもらうことが重要
〔写真1〕見てもらうことが重要
各現場の入り口付近に掲げた看板に添えた心得15カ条。大工職や現場監督など社員だけでなく、協力会社にも順守を徹底。その行動を現場を訪れる建て主や近隣住民にも見てもらうのが狙いだ(写真:渡辺 圭彦)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2〕養生は「プラス1」を原則に
〔写真2〕養生は「プラス1」を原則に
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2〕養生は「プラス1」を原則に
[画像のクリックで拡大表示]
工具や資材を置く箇所では必ず、通常の養生材だけでなく、板材などをもう1枚加えることを現場担当者に徹底させている。作業内容や作業箇所によって、また工具や資材は常に一定の位置に集約して留置(写真:渡辺 圭彦)
〔写真3〕1人1台、掃除機携帯
〔写真3〕1人1台、掃除機携帯
現場では社員大工職それぞれが1人1台、掃除機を常備している。朝夕の全体清掃とは別に、担当作業が一段落するたびに作業箇所周囲を清掃する(写真:渡辺 圭彦)
[画像のクリックで拡大表示]

 「現場は建て主のもの。だから大事にする。近隣には工事で一定の迷惑がかかる。だからできる限りの配慮をする」(浪岡社長)。そうした考えを具体的に他者に伝える大切さを浪岡社長は説く。

この記事は有料会員限定です

「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い