PR
全3408文字

リフォームの現場では既存の部材などを撤去・刷新するだけでなく、顧客の要望やプロとしての判断で、あえて残したり生かしたりする場合もある。「捨てる」か「残す」か、あらかじめ顧客と入念に確認し合っておかないと、プロに重大な落ち度がなくても顧客の不興を買ってしまうことがある。

(イラスト:勝田 登司夫)
(イラスト:勝田 登司夫)

この記事は有料会員限定です

「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い