全1080文字
PR

防蟻対策の基本は、シロアリの生態をよく知ることから始まる。ここでは、京都大学の簗瀬佳之准教授の監修で、シロアリの特性を解説する。

簗瀬 佳之
准教授
簗瀬 佳之 京都大学大学院農学研究科森林科学専攻(写真:日経ホームビルダー)

 シロアリは「社会性昆虫」と呼ばれる。1つの巣の中で集団をつくり、互いに役割分担をしながら共同生活を営んでいるからだ〔図1〕。集団の中で最も多いのがえさ(木材)を取って運ぶ「職蟻しょくぎ」で、全体の90~95%を占める。残り5~10%が外敵と戦う「兵蟻へいぎ」だ。生殖活動をする「王」と「女王」は、基本的には1つの巣にワンペアしかいない。

〔図1〕シロアリは役割分担して集団で行動する
〔図1〕シロアリは役割分担して集団で行動する
シロアリは、1つの巣のなかで役割分担をしながら共同生活を営む。最も多いのがえさを取って運ぶ職蟻で、全体の9割以上を占める。残り1割弱が外敵と戦う兵蟻。生殖活動をする「王」と「女王」は基本的には1つの巣にワンペアしかいない(イラスト:高松 啓二)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本国内で建築物に被害を与えるシロアリは、土の中に巣をつくって建物や樹木に侵入する「地下シロアリ」と、乾燥した木材をえさにする「乾材シロアリ」の2つに大別できる。建物に大きな被害を与えるのは地下シロアリで、これはイエシロアリとヤマトシロアリの2種類に分類できる。国内のシロアリ被害の95%以上は、イエシロアリかヤマトシロアリによってもたらされる。

 ヤマトシロアリは、北海道の一部地域を除いて、日本国内のほぼ全域に生息する〔図2〕。一方、イエシロアリは、太平洋ベルト地帯や九州地方など温暖な地域を主な生息域とする。住宅被害の程度は、イエシロアリの方が圧倒的に大きい。中には、直径1m以上の大きな巣に約300万匹のイエシロアリが活動しているケースもある。温暖な地域ではイエシロアリの被害に特に注意したい。

〔図2〕要注意のイエシロアリは温暖地に生息
〔図2〕要注意のイエシロアリは温暖地に生息
ヤマトシロアリは国内のほぼ全域に、イエシロアリは主に太平洋ベルト地帯や中四国、九州地方など温暖な地域に生息する(資料:日本しろあり対策協会の資料を基に簗瀬 佳之が作成)
[画像のクリックで拡大表示]