全1473文字
PR

頻発する豪雨災害に備えて、浸水後の住宅被害を最小限に食い止める対策が急務だ。基礎、建材、工法、支援体制、初期対応の5つのテーマで、それぞれが抱えている課題と、解決に向けた提案をまとめた。

 木造住宅が浸水被害で抱える第1の課題は、コンクリートの床下に水や泥がたまることだ。床板を剥がさずに水や泥を取り除くのは重労働なので、頼まれても作業を引き受けない清掃会社や建築会社、ボランティアセンターは少なくない。

 この課題の対策は、床下で作業しなくても水や泥を排出できる基礎にすることだ。岡山県倉敷市の設計事務所、リスプ環境・都市建築研究所は、西日本豪雨以降に新築したベタ基礎の住宅で、浸水時に水を抜く排水口を取り付けた〔写真1〕。茨城県常総市の田島工務店は、浸水住宅の排水作業の苦労から、人通口の立ち上がりがない基礎を標準仕様にした。

課題1
〔写真1〕排水しやすい基礎にする
排水口を設けたベタ基礎。通常はモルタルで塞いであり、床上浸水などで床下に水がたまった時は開けて排水口にする(資料:リスプ環境・都市建築研究所)
排水口を設けたベタ基礎。通常はモルタルで塞いであり、床上浸水などで床下に水がたまった時は開けて排水口にする(資料:リスプ環境・都市建築研究所)
[画像のクリックで拡大表示]
床下にたまる水を1カ所から排水しやすくするために人通口の立ち上がりをなくした基礎(資料:田島工務店)
床下にたまる水を1カ所から排水しやすくするために人通口の立ち上がりをなくした基礎(資料:田島工務店)
[画像のクリックで拡大表示]

 2つ目の課題は建材だ。浸水の被災地ではぬれた建材が大量に捨てられ、修繕費用を拡大させている。

 合板や繊維板でつくられた建具や階段は水に漬かると膨張や変形が生じ、ほとんど再利用されていない〔写真2〕。耐水性能があるはずの集成材が接着部分で剥がれて、交換したという話も聞いた。乾燥させれば再利用できる建材の開発が求められる。

課題2
〔写真2〕ぬれても再利用できる建材を増やす
合板が剥がれて交換せざるを得なくなった階段(写真:北山 紀明)
合板が剥がれて交換せざるを得なくなった階段(写真:北山 紀明)
[画像のクリックで拡大表示]
ぬれて膨らみ、開閉に支障が生じた繊維板製の建具(写真:日経ホームビルダー)
ぬれて膨らみ、開閉に支障が生じた繊維板製の建具(写真:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料