全1484文字
PR
(イラスト:高松 啓二)
(イラスト:高松 啓二)

 「給湯器の調子が悪くて、お湯の出がいまひとつです。売り主に交換してもらうよう頼んでください」

 「それはできません。給湯器の調子が悪い分、売り主から値引きをしてもらったのですから」

 「そんな話、ありましたっけ」

 「ええ。売買契約書の特約欄に書いてあります」

 私はそう言って、買い主に売買契約書を見せた。特約欄には次のような記述がある。

 「クロスやフローリングの張り替え、給湯器の不調や故障、外壁のひび割れ、その他買い主から指摘がない箇所の補修や交換費相当として、売り主は売買価格5480万円から180万円を値引きして売買価格5300万円で取引することを売り主、買い主は合意する。その他の物件状況については現状有姿とする」

 以上のやり取りは、数カ月前に私が中古住宅の買い主の仲介業務を担当したときの一こまだ。値引きの詳細を私が売買契約書に明記したことが功を奏し、買い主は「確かにそうでしたね」と納得してくれた。

 しかし、仲介する不動産会社のなかには、値引きしても口約束だけで済ませ、その内容を売買契約書に記述しないところが多い。それが後になって「そのような約束はしていない」とトラブルになることがある。