全2201文字
PR

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、急速に導入が進んだテレワーク。住宅・建設業界で欠かせない図面データを共有する際のストレス軽減策を示す。

 コロナ禍の状況下で業務を進めるには、在宅する社内外の関係者間、オフィスと現場との間などで図面の共有が欠かせない。

 今は、インターネット上のサーバーにあるソフトやデータを、場所を問わずに使えるクラウドサービスが充実。図面データを共有できるサービスでは、クラウドの利用が当たり前だ。Zoom(ズーム)やTeams(チームズ)、Skype(スカイプ)などを導入しつつ、図面共有のサービスを併用する住宅会社は多いだろう。

 CADで作製した図面データを共有したい場合はどうするか。例えば、米オートデスクのAutoCADは、DWGファイルをウェブブラウザーから編集、作製、表示できるAutoCAD Webアプリで対応する。在宅勤務だけでなく、現場作業にも役立つ〔図1〕。

〔図1〕どんな端末でもアクセス可能に
〔図1〕どんな端末でもアクセス可能に
AutoCAD Webアプリを使えば、自宅でも現場でも客先でも、図面を見られる。AutoCADモバイルアプリでスマートフォンからもアクセスできる(資料:オートデスク)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年4月16日に国内販売が始まった最新版のAutoCAD 2021では、Webアプリと米グーグルのオンラインストレージであるGoogleドライブが連携できるようになった。

 オンラインストレージサービスは、図面や現場写真のような大容量データなどを、社内外の関係者と共有するには好都合だ。他にも、マイクロソフトのOneDrive(ワンドライブ)や、ドロップボックスジャパン(東京都中央区)のDropbox(ドロップボックス)といったオンラインストレージがある。マイクロソフト製品やグーグルのサービスを利用している会社は、同じベンダーのサービスを使うのも手だ。

 Dropboxと連携できる図面・現場施工管理アプリには、例えば、レゴリス(東京都豊島区)のSPIDERPLUS(スパイダープラス)がある。図面データや写真を米アップルのiPadなどに取り込んで、現場で閲覧したり、手書き文字やメッセージを書き込んだりできる。操作が簡単で、直観的なので分かりやすい。