「大きな南窓を確保したのに、冬は寒い」「断熱性能を高めたら、夏は暑すぎる」。省エネ性能を高めたはずの“エコハウス”で、そうした失敗を見かけることも少なくない。エコハウスの性能を最大化するうえでは、科学的な根拠に基づいた家づくりの法則がある。昔ながらの「家相」になぞらえれば、現代の「科学的家相術」とも呼べる。その考え方をプランニング段階からどう生かすのか。具体例とともに紹介する。

(写真:松尾設計室)
(写真:松尾設計室)
[画像のクリックで拡大表示]