全2795文字
PR

2020年7月3日からの豪雨によって熊本県内で発生した住宅の全半壊と床上浸水の合計棟数は、8月5日時点で6295棟に達した。日経ホームビルダーは著しい住宅被害が発生した球磨川の氾濫流域にある住宅地を、7月17日から19日にかけて見て回った。浸水住宅の応急処理に関するQ&Aと併せて報告する。

 津波の跡──。2020年梅雨末期豪雨で球磨川の濁流に飲み込まれた球磨村渡(わたり)地区の茶屋集落を歩き回った際の印象だ〔写真1〕。柱梁などの建材が散り散りになった状態で山積し、古い基礎や水回り設備が敷地内に残されていた。その光景は東日本大震災の津波被災地とそっくりだった。

〔写真1〕津波跡を想起
〔写真1〕津波跡を想起
茶屋集落の水害後(写真:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]
茶屋集落の水害後(写真:日経ホームビルダー)
茶屋集落の水害後(写真:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]
水害前。水害前は道路の両側に低層建築が立ち並んでいた(写真:Google)
水害前。水害前は道路の両側に低層建築が立ち並んでいた(写真:Google)
[画像のクリックで拡大表示]

 球磨川の中流域にある渡地区は、過去に幾度も洪水に見舞われている〔図1〕。本流に支流が合流して曲がりくねって狭い渓谷部に入り込む、水の流れが滞りやすい地形に位置する。

〔図1〕球磨川中流域が浸水
〔図1〕球磨川中流域が浸水
球磨川中流域の主な被災地区の位置関係を示す(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の水害による茶屋集落の浸水深は、3階建て住宅に残された跡から8m前後に達したと推定される。16年版防災マップが示す2m以上5m未満を超える高さだ〔図2〕。

〔図2〕狭窄部で浸水深8m前後
〔図2〕狭窄部で浸水深8m前後
球磨村渡地区の地形図に、国土地理院が作成した今回の豪雨よる浸水推定図(青い部分)を重ねたもの。渡地区は球磨川が蛇行しながら流れ込む渓谷の狭窄部に位置する(資料:国土地理院の地形図に日経ホームビルダーが加筆)
[画像のクリックで拡大表示]
渡地区茶屋集落で浸水深8m前後を記録した地点の断面図(資料:国土地理院の地形図に日経ホームビルダーが加筆)
渡地区茶屋集落で浸水深8m前後を記録した地点の断面図(資料:国土地理院の地形図に日経ホームビルダーが加筆)
[画像のクリックで拡大表示]

 茶屋集落の家屋では、構造的な強弱で被害差が生じていた。木造で躯体がばらばらになっていたのは、石場建てや耐力壁の少ない古い住宅だ。非木造では、細い鉄骨材が曲がったり、地盤に固定されていない独立柱がコンクリートの基礎ごと流されたりしていた〔写真2〕。一方、柱脚と耐力壁が緊結されたピロティ形式の木造住宅などでは、構造に大きな損傷は見られなかった。

〔写真2〕老朽家屋が流される
〔写真2〕老朽家屋が流される
混構造のピロティ住宅と木造住宅の水害後。ピロティ住宅は鉄骨の梁が曲がり、木造部分が流された。木造住宅は基礎と土台、切れたアンカーボルトが敷地内に残されていた(写真:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]
混構造のピロティ住宅と木造住宅の水害前(写真:Google)
混構造のピロティ住宅と木造住宅の水害前(写真:Google)
[画像のクリックで拡大表示]

 茶屋集落より少し上流側で支流が合流する付近では、古い木造倉庫が形を保ちながら水平に90度回転して移動していた〔写真3〕。貫や足固めで躯体が崩壊するのは防いだが、石場建ての基礎が滑ったと思われる。現地を目視調査した田村和夫・建築都市耐震研究所代表は「合流部で本流が逆流した影響を受けて建物が回転した可能性がある」と話す。

〔写真3〕90度回転して移動
〔写真3〕90度回転して移動
建物の形を保ちながら水平に90度回転した状態で移動した古い木造倉庫。逆流した氾濫流が建物上部を石場建ての基礎から滑らせた可能性がある(写真:田村 和夫)
[画像のクリックで拡大表示]