全1548文字
PR

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、建設現場でも日常となったマスクの着用。夏の到来とともに、突然、マスクは熱中症をもたらす不都合な存在へと変わった。評判が急転した背景には、特に建設業で目立つ熱中症被害の深刻さがある。

 2020年夏、記録的な暑さのなか、建設現場ではマスクが“悪役”に転げ落ちた。新型コロナウイルスへの感染拡大を防ぐための必須ツールとして扱われ、一時は高値で取引されたほどの重要アイテムが、厄介な存在へと反転。作業時や運動時のマスク着用が熱中症のリスクを高めると騒がれ始めたからだ。

 各種のメディアには、マスクと熱中症を結び付けた見出しが躍った。それだけでなく、自治体なども「マスク熱中症」という強い言葉をぶち上げ、夏季のマスク着用が熱中症を招く恐れがあると警告を発した。

 マスクのリスクがこれほど取り上げられた要因は、マスク着用の危うさを国が訴えている点にある。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて求められている「新しい生活様式」を踏まえ、環境省と厚生労働省は共同で、「令和2年度の熱中症予防行動の留意点について」という資料を2020年5月26日付で公表。自治体などからの周知を促した〔図1〕。

〔図1〕国がマスクのリスクを周知
〔図1〕国がマスクのリスクを周知
環境省と厚生労働省が2020年5月26日付で都道府県などに周知した熱中症予防の行動に、マスクのリスクが記してある(資料:環境省、厚生労働省)
[画像のクリックで拡大表示]

 熱中症予防のポイントを記したこの資料には、こう書いてある。「気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります」

 国土交通省が5月14日にまとめた「建設業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」も、現場でのマスク着用を推奨する一方、夏季の着用には注意を促した。マスクが熱中症を招くという考えは、ここにも透けて見える。