全605文字
PR

 地震では、基礎の出隅のコンクリートが壊れる被害がしばしば発生している。出隅には耐力壁の柱脚が配置されたり、アンカーボルトが埋め込まれたりするため、地震で大きな応力がかかるからだ。出隅のコンクリートが壊れると、鉄筋やアンカーボルトの定着部分が失われ、耐力壁が引き抜き力に対抗できなくなる事態も招く。

この記事は有料会員限定です

「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料