全1151文字
PR

建て主の要望が第一。確かにその通りだが、それで現場が混乱するケースも少なくない。営業重視に傾きすぎた元請け会社に多いのが、建て主に言われるままに対応すること。設計上の追加や変更が重なることで、作業の手戻りなど現場の効率が悪くなる職人に必要以上の負担を掛け、施工ミスなど不具合の発生にもつながりやすい。

(イラスト:anne)
(イラスト:anne)

 現場で職人に嫌われるのが「手戻り」。手戻りとなる原因の代表例は、建て主の要望による設計上の追加・変更だ。

 大工職のA氏が最近関わった工務店の現場では、棚の追加や仕上げ材の変更、流し台の取り付け位置の変更など、設計変更や設備などの追加が常態化していた。そのたびに下地を補強し直したり、建具枠を付け直したり、収納の設置位置をずらすなどの手戻りが生じていた。

原因は営業担当者に

 度重なる追加・変更に、A氏は毎回「またあったら文句の1つも言ってやる」と思うのだが、現場監督が土下座でもしそうな勢いで頼み込んでくるのに情をほだされ、応じてしまっていた。時には夜遅くまで残業したり、休日に現場入りしたりしてなんとか工期に間に合わせた。

 この工務店の現場で追加・変更が多発した原因は、営業担当者にあった。契約を取るために「現場に入ってからでも追加・変更に柔軟に対応します」と建て主に伝えていたため、建て主は軽い気持ちで申し出るという流れが生じていたのだ。

 現場監督は営業担当者に抗議していたのだが、営業担当者の方が立場上、力が強く、社長も知らん顔。営業担当者は「工事金額を増やせば自分の営業成績も上がる」とすら考えていたようだ。