全1314文字
PR

 職人が元請けを評価する視点はドライだ。突き詰めると、現場で費やす労力や時間に対して対価が十分かどうか。職人にとって「手離れの良い現場」を実現するか、手戻りなど余分に生じた手間に見合う対価を支払うか、いずれかがカギになる。

この記事は有料会員限定です

「日経ホームビルダー」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料