全1647文字
PR

審査の結果、1位と2位の評価点が僅差だったために両者と交渉し、2位の事業者を選定した──。京都府和束町の「和束町総合保健福祉施設設計業務公募型プロポーザル」が物議を醸している〔図1〕。

〔図1〕設計者選定のプロセスで物議
〔図1〕設計者選定のプロセスで物議
町が公表したプロポーザル募集要領の一部。契約締結までのプロセスなどを定めているが、町はルールを破って2位の事業者と契約を結んだ(資料:和束町)
[画像のクリックで拡大表示]
和束町は2024年度末の業務開始を目指して総合保健福祉施設を整備する(写真:読者提供)
和束町は2024年度末の業務開始を目指して総合保健福祉施設を整備する(写真:読者提供)
[画像のクリックで拡大表示]

 問題のプロポーザルは、築50年以上が経過した社会福祉センターを解体し、総合保健福祉施設を整備するために、和束町が2021年に実施した。1次審査に当たる書類審査を経て、10者がプレゼンテーションとヒアリングによる2次審査に進んだ。

 選定委員会(委員長:長坂大・京都工芸繊維大学教授)は2次審査で応募者の経験や能力、提案書の内容、経費の見積価格などを点数化し、100点満点で評価。73.87点のteco(東京都台東区)を1位に、73.35点のシーラカンスアンドアソシエイツ(東京都渋谷区)を2位に選定した。その差は0.52点だった〔図2〕。

〔図2〕「両者の評価点は僅差だった」
〔図2〕「両者の評価点は僅差だった」
teco(左)とシーラカンスアンドアソシエイツ(右)が和束町に提出した技術提案書の一部。選定委員会は「ともに町のシンボルとなると見込まれる提案で、両者の評価点はごく僅差だった」と講評した(資料:和束町)
[画像のクリックで拡大表示]

 プロポーザル募集要領で同町は、選定委員会の審査を経て「受注候補者と第2位の計2者を選定」し、契約に当たっては「受注候補者と町が委託契約の締結に向けた交渉を行ったうえで、随意契約の手続きに進む。交渉が整わない場合は、第2位と町が交渉を行う」などと定めている。

 この要領に従えば、たとえ僅差でも1位のtecoを受注候補者に選定し、同社と最初に交渉しなければならない。ところが町はウェブサイト上で、「選定委員会において選定された第1位と第2位の評価点が僅差であることから、両者を受注候補者に特定し、それぞれに対して交渉を行った」結果として、22年2月9日付で2位のシーラカンスと設計業務委託契約を締結したと発表した。

 つまり、町はtecoとの交渉が不調に終わったためシーラカンスとの交渉に移ったのではなく、自ら定めた要領に反してシーラカンスを受注候補者に「格上げ」し、同時に交渉を進めたことになる。tecoの金野千恵代表は「経緯や理由について、町からは何の説明もない」と憤る。

 日経アーキテクチュアの取材に対して町総合施設整備課は、「発表した通りだ。それ以外に説明することは何もない」と回答した。