6月18日午前7時58分ごろに最大震度6弱の大阪北部地震が発生した。地震の揺れは都心部を直撃。6月29日時点で犠牲者は死者4人、負傷者428人に上る。死者の多くは塀の倒壊や家具の転倒によるもので、その危険性が改めて顕在化した。現地を取材すると、民家の瓦や店舗のガラスが落下して散乱するなど非構造部材に関する被害が目立った。

[画像のクリックで拡大表示]